×
2022.06.30
ライフスタイル

注文住宅で快適な毎日を送るために実現したい間取りとは?

注文住宅で快適に過ごす間取りとは

目次

注文住宅は「家族の暮らしにマッチした家を建てる」家づくり。

家族の暮らしにマッチする家にするには間取りの決め方も大きなポイントです。
間取りで家族の生活動線や日当たり、風通しや家族のコミュニケーションとプライバシーも変わってくるのです。

そこで今回は、注文住宅で快適な毎日を送るために押さえたい間取りを解説します。

注文住宅で快適な間取りは床面積のバランス

床面積のバランス

「広大な敷地で床面積の制限はない」家づくりは皆無です。

 

多くの方が限られた予算の中で、理想の家づくりを実現させるためにさまざまと模索しているはず。
間取りを決めていく上で、限られた床面積で必要なスペースをバランスよく配置する必要があるのです。

 

「今は夫婦だけでも将来的には子どもと一緒に暮らせる家にする」「ペットの習性に合わせた導線」など、これから起こり得る状況を見据えた間取りも考えておくと安心です。

 

併せて「帰宅後はそれぞれの部屋で過ごす」「生活の時間帯に大きなずれがある」など、家族のライフスタイルにマッチした暮らしやすい間取りも考慮しておきましょう。

注文住宅で快適な間取りのポイントは家族の導線と収納

家族の動線と収納の関係

収納は暮らしやすい家にする為には重要な場所。

 

収納は造り方や配置場所で家をスッキリさせる有能な収納にもなりますし、デッドスペースとも言える収納にもなります。
有能な収納とは、家族の動線や暮らし方にマッチした位置にあること。

 

洗濯や調理、掃除などの家事をスムーズに行える動線は、どんなライフスタイルの家族にも必要。
ちなみに、家族の人数が多い家庭はランドリールームやパントリーがあると便利です。

 

「床面積的にランドリールームは造れそうにない」場合は洗面所を広めに確保して洗濯物が干せたりアイロンがかけられるスペースと、下着やパジャマなどが収納できるスペースを設ける方法も。
いずれにしても、「家族が快適に生活できるか」という視点で間取りを作ることが欠かせません。

注文住宅で快適な間取りのポイントは室内環境と間取りのバランス

間取りと室内環境の関係

季節に応じた気温できれいな空気が循環する家は、快適で居心地よく家族が健康に暮らせる家です。

 

そうした理想的な環境を、最小限のエネルギーで生み出せる家は省エネ住宅です。
最小限の冷暖房で理想的な室内環境を生み出す間取りについても考える必要があります。

 

窓の配置とサイズは敷地周辺の環境や地域の気候に合わせることが大事です。
「陽射しと風通しが確保できそうにない」場合は吹き抜けを設けるなど、周辺環境に合わせた設計の工夫もポイント。

 

家の中を温度差がない快適な環境に保つには、家の中の空気を上手に循環させることがポイント。
吹き抜けは1階と2階の空間を繋げる役割があるので、陽射しや自然の風を採り入れやすくなるのはもちろん、空気も循環させます。

まとめ

今回は注文住宅の快適な間取りについて解説しました。

 

注文住宅はゼロベースで間取りが決められるので、「こんな生活がしたい」「収納は多めが良いけど導線はシンプルにしたい」など事前にしっかりとプランニングすることもポイントです。

 

リブワークはこれまで多くの注文住宅に携わってきました。
経験豊富なスタッフが注文住宅に関する疑問やお悩みを解決します。お気軽にご相談ください。

今すぐ非公開の土地を見たいなら!「無料会員登録」

現在8,739件ご紹介可能!

売主様のご要望で一般には公開していない
「非公開の土地情報」を会員様だけに限定公開しています。

今すぐ無料会員登録