×
2024.06.25
住宅ローン

【2024年版】住宅ローン金利は千葉県の地方銀行と都市銀行どちらが有利?土地探し前に検証!

千葉県の主要地方銀行とつなぎ融資や土地探しや都市銀行と地方銀行の住宅ローンのメリットなど解説

目次

 

千葉県は東京都内までアクセスしやすく、千葉駅から東京駅まで約40分という立地であることから、多くの人が注文住宅の建築候補地として検討しています。

また、千葉県には住宅ローンに強い地方銀行や都市銀行がサービスを提供しているため、それぞれの特徴を詳しく理解しておくことが資金計画のためにも重要です。

昨今で気になる金利情勢もマイナス金利解除の影響など、これから注文住宅を建てる人は、動向を押さえる必要があります。

この記事では、千葉県で土地探しと注文住宅を建てる人に向けて、知っておくべき情報をお伝えします。

千葉県の3大主要銀行

千葉県には「千葉銀行」「京葉銀行」「千葉興業銀行」という三行が主要銀行としてサービスを供給しており、住宅ローンの借入先としておすすめです。

その理由については、各銀行それぞれの金利や特徴を含めて、ポイントを絞ってお伝えします。

千葉銀行

千葉銀行は、2024年3月末の決算報告で4兆260億円の貸出額となったことが発表されており、ムーディーズや格付投資情報センターといった格付け会社の評価もA判定以上です。

また、住宅ローン借入先としての強みもあり、公式サイトで公開されている2024年5月現在、金利は次のようになります。

 

金利プラン

最大割引後金利

変動金利

0.600%

固定金利(2年)

1.495%

固定金利(3年)

1.570%

固定金利(5年)

1.920%

固定金利(7年)

2.130%

固定金利(10年)

1.760%

固定金利(15年)

2.760%

固定金利(20年)

2.830%

固定金利(35年)

3.090%

上記のように、変動金利だけでなく固定金利も細かく設定されているため、ライフスタイルに合った金利プランを選択しやすくなっています。

金利上昇のリスクを見据えた返済計画を組みやすいと言えそうです。

京葉銀行

京葉銀行は、2023年12月の貸出額が1兆6818億73百万円であり、東京都内にも支店を持つ金融機関です。

住宅ローンの貸出額が多い、つまり多くの人が融資を受けていることが分かります。

千葉県で土地探しと注文住宅を考える場合は、住宅ローンの利用を視野に入れて検討すべきかと考えます。

京葉銀行の金利は、2024年5月現在、以下のようになります。

 

金利プラン

最大割引後金利

変動金利

0.575%

固定金利(2年)

1.72%

固定金利(3年)

1.77%

固定金利(5年)

2.07%

固定金利(10年)

1.515%

固定金利(15年)

2.01%

固定金利(20年)

2.28%

金利ミックスプラン

0.575~2.09%

上記のように多くの金利プランから選択することができ、余裕を持った返済計画を実現できるという強みがあります。

千葉興業銀行

「ちば興銀」として千葉県民から慕われている千葉興業銀行ですが、2023年6月時点での住宅ローン貸出額は8,232億円となっており、千葉銀行と京葉銀行に次ぐ地方銀行です。

千葉県に72店舗、東京都に2店舗あるため、利便性は他行と遜色はありません。

住宅ローン以外の借入商品も多いことから、融資に強みがあると言えます。

千葉興業銀行が公式サイト上で公開している金利は、2024年5月現在、次のようになりますので、参考にしてください。

 

金利プラン

最大割引後金利

変動金利

0.775~1.275%

固定金利(2年)

1.150~1.650%

固定金利(3年)

1.530~2.030%

固定金利(5年)

1.800~2.300%

固定金利(10年)

2.120~2.620%

金利の優遇幅を最大限に活用できるかがポイントです。

まずは、予算に見合った千葉県の土地と住宅プランを検索して、支払い例を確認してみてください。

千葉銀行と京葉銀行と千葉興業銀行の住宅ローンプランと金利の紹介

土地探しとつなぎ融資

注文住宅では、土地を購入するタイミングで費用が発生し、それ以外にも着工や上棟、完成のタイミングで建築費を支払います。

金融機関によっては、時期に合わせて支払いができるよう、つなぎ融資が提供されていることから、金融機関の選定は重要です。

また、つなぎ融資の金利は住宅ローンとは別で、条件だけでなくマイナス金利解除に関する影響も考慮しなければなりません。

この章では、つなぎ融資とマイナス金利解除の影響について、お伝えすることにします。

つなぎ融資のしくみ

住宅ローンの融資は、建物が完成したタイミングからスタートするため、それまでに必要な費用については、住宅ローンを充当することはできません。

そこで住宅ローンの融資までを「つなぐ」融資として、土地代金、着工金、中間金といった支払いに対応する、つなぎ融資があります。

つなぎ融資は、自己資金で土地購入が難しいケースでは非常に重宝しますが、前述したように、住宅ローンより金利は高めに設定されていますので、無理のない返済プランを組み立てることが重要です。

マイナス金利解除の影響

これまで日銀のマイナス金利政策によって、住宅ローンは低金利を維持し、融資を受けやすい状況でしたが、2024年3月、日銀は景気回復と賃金上昇の見込みがあると判断しマイナス金利解除を発表しています。

現時点では、大きな動きは各金融機関では少ないですが、既に都市銀行を中心に固定金利は上昇傾向にあります。

ゆえに変動金利についても今後、段階的に上昇する可能性はゼロではありません。

金利タイプの選択は重要なポイントではありますが、自己資金の確保と、金融のプロによる相談が重要です。

土地探しとつなぎ融資について仕組みの説明とマイナス金利解除の影響など解説

都市銀行と金利比較

千葉県では地方銀行だけでなく、都市銀行も積極的に住宅ローン関連のサービスを提供しており、多くのメガバンクが支店を構えています。

大手三行と言われる、「三菱UFJ銀行」、「みずほ銀行」、「三井住友銀行」の金利について、比較とのヒントになるようお伝えします。

変動金利

都市銀行は基本的に全て同じ標準金利の2.475%で統一されており、千葉県で主要な都市銀行の三行も同様です。

ただし、金融機関によって審査の内容が異なり、外国人や勤続1年未満、海外出張から戻ってきたばかりの人などは、実行金利が変わる可能性があります。

そのため都市銀行で住宅ローンを検討する場合は、必ず複数の金融機関に相談することをおすすめします。

固定金利

固定金利は三行とも特徴があり、2024年5月現在、次のようになります。

 

金融機関名

固定金利

全期間固定(適用金利)

三菱UFJ銀行

3.54~5.62%

1.63~1.87%

みずほ銀行

3.05~4.25%

2.14~2.45%

三井住友銀行

3.75~4.55%

無し

全期間固定とは、借入期間の全期間を同じ金利で統一する金利タイプのことで、マイナス金利解除の影響を全く受けないというメリットがあり、今後、利用者が増加すると考えます。

ただし、変動金利よりも金利が高くなり、優遇幅を最大に活かしたとしても2%近く差があります。

この2%は大きな数字であり、月額では小さい差であったとしても、支払総額では数百万~1,000万円レベルもの差になり、かなりの負担増です。

たとえば、5,000万円の融資を35年間で返済した場合、この金利差によって総支払額が約1,028万円も違いが発生します。

金利差を埋めるなら、千葉県内の手ごろな土地と住宅の価格がポイントです。

千葉県の地方銀行とメガバンクの変動金利や固定金利の金利比較などまとめ

住宅ローンはどちらが有利か

地方銀行と都市銀行では、どちらの住宅ローンが優れているか、という目線ではなく、今の状況にマッチングするのはどちらか、という考え方が理想的です。

当然、金利も魅力的ですが、担当者の対応やサポート内容なども考慮すると選択しやすくなります。

この章では、それぞれのメリットについてお伝えしますので、自分に合う金融機関を選択するための参考材料にしてください。

地方銀行のメリット

地方銀行は住宅ローンだけでなく、地元企業への事業融資も積極的に実施しており、地域の活性化を目的に活動しているケースが多いです。

そのため、千葉県の企業に勤めている人限定で、特別金利の優遇措置が提供されることもあり、家族に向けた特典も多く用意されています。

就業場所によるアドバンテージは、審査にも良い影響が期待できることから、千葉県の主たる企業に勤めている人は、地元の銀行から資料請求などをおすすめします。

また、地域性を熟知しているため、もし土地が見つからないようであったとしても、融資相談の中で、土地の紹介なども期待できるのが地方銀行のメリットです。

都市銀行のメリット

都市銀行は、その情報ネットワークとサポート力を魅力と感じて、住宅ローンを申し込むケースは少なくありません。

年収が低い、勤続1年未満という審査では不利な状況であったとしても、きっちりと提案をしてくれるコンサルティングは、都市銀行ならではの強みと言えます。

もしも今後、県外に転勤の可能性があるのなら、都市銀行ならば、住宅ローンの状況に応じて、

  • 家を残して引っ越す(単身赴任)
  • 家を賃貸して引っ越す
  • 家を売却して引っ越す

のいずれでも、具体的なアドバイスを受けられます。

地方銀行も同様のアドバイスは可能ですが、引っ越し先の事情、つまり情報量や対応の柔軟性を考えると都市銀行が、安心だという声もあります。

住宅ローンについて地方銀行と都市銀行のメリットまとめ

まとめ

千葉県で土地探しと注文住宅を建てる際には、つなぎ融資あるいは住宅ローンは地方銀行と都市銀行を比較検討し、さらにマイナス金利解除の影響を考慮した上での選択が求められます。

さらに注文住宅では、支払いのタイミングが分散されることから、自己資金が不足するのであれば、つなぎ融資は避けられません。

ゆうに、特徴を理解した上で判断することが大切です。

土地選びから資金計画まで、ハウスメーカーになるべく早い段階で相談することをおすすめします。

千葉県の土地探しと融資の情報は、リブワークのe土地netにお任せください。

また、千葉県で注文住宅を建築予定で、土地情報をお求めの方は、リブワークにぜひご相談ください。

今すぐ非公開の土地を見たいなら!「無料会員登録」

現在14,623件ご紹介可能!

売主様のご要望で一般には公開していない
「非公開の土地情報」を会員様だけに限定公開しています。

今すぐ無料会員登録