×
2024.05.27
設備仕様 ライフスタイル

【2024年版】千葉県でペットと暮らすための土地探しと注文住宅新築で気を付けたいこと

千葉県でペットと暮らすための土地探しや注文住宅新築で気をつけたいことなどまとめ

目次

 

注文住宅の新築においては、ペットを家族の一員として迎えたいと考えることも、ひとつのライフスタイルです。

ただし、初めてのペットとの共生の場合は、これまでの生活様式の変化を想定し、さらに、ペットならでは環境変化に備える必要があります。

例えば、鳴き声や排泄といったペットならではの習性は、近隣住民にも大きな影響を与えてしまうこともあり、トラブルに発展するリスクは否めません。

このような問題が出てしまうと、新生活が台無しになってしまう可能性があることから、ペットと暮らすための千葉県内での土地探しは重要です。

そこで、この記事ではペットと暮らすことを前提とした家づくりについて、ポイントや注意点を解説します。

これから注文住宅を建て、ペットと暮らしたい希望を持つ方は参考にしてください。

ペットとの暮らし方

ペットと暮らすことで癒しを得て、家族の一員として新しいライフスタイルを楽しむことができます。

また、子どもがいる世帯では、躾や散歩、決まった時間にエサを与えるという、お世話を通じて触れ合うことで、家族や動物を大切にする心を育むことも可能です。

その一方で、ペットは人間とは異なる習性があることから、トラブルへの対処には備えておかなければなりません。

ゆえに「住宅密集地での飼い方」や「飼い主の責任」について解説します。

住宅密集地のルール確認

千葉県を問わず、都市部にある分譲地は音が響きやすく、町内会のルールでペットの種類や体格を制限している地域も多いです。

住宅密集地でペットを飼うことはトラブルを内包していますから、土地選びの際は、前述のルールなどの情報を得ることが求められます。

一度、環境省が制定している「住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン」をご覧になることをおすすめします。

情報に関しては、地元の不動産業者やハウスメーカー、区役所などで得られることもありますが、周辺を散策してペットの気配を感じ取ることも手段のひとつです。

敷地内に犬小屋がある、首輪をしたネコを見かけたという、ほんの小さな情報がヒントになります。

土地の見学の際に、周辺住民の方に挨拶がてら、さりげなく聞いてみるのも有効です。

実際にペット買う場合は、ペットの種類に限らず、鳴き声対策としての防音、ニオイに対する消臭効果を促す壁や壁紙選びなど、設計段階で考慮するようにします。

ペットが飼いやすいエリアだと感じたら、千葉県の土地検索サイトで土地選びをスタートしましょう。

飼い主の責任

公益財団法人日本動物愛護協会によると、「飼い主に必要な10の条件」として、以下の内容を公開しています。

  1. 住宅がペットを飼える状況にあること
  2. ペットを迎えることに家族全員の合意があること
  3. 動物アレルギーの心配がないこと
  4. そのペットの寿命まで(終生飼養)飼育する覚悟があること
  5. 世話をする体力があり、その時間をさけること
  6. 高齢になったペットの介護をする心構えがあること
  7. 経済的負担を考慮すること
  8. 必要なしつけと周囲への配慮ができること
  9. 引っ越しや転勤の際にも継続飼養する覚悟があること
  10. 飼えなくなった場合の受け皿を考えておくこと

ペットを飼うことで癒しを求めるだけでなく、周辺環境やペットへの配慮が必要であることが分かります。

ペットを飼うことで、鳴き声や臭いで近所迷惑にならないようにすることは、飼い主が負うべき最低限の責任です。

また、民法718条1項では「動物占有者の責任」が定められており、動物の占有者はその動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負うとあります。

過去には犬が吠えたことで転倒し、500万円以上の損害を認定した裁判事例(犬が吠えて400万円以上の賠償義務を負った裁判例 |ジン法律事務所弁護士法人)もあるため、ペットを飼う際には知っておくべき事案です。

ペットと暮らすことを前提とした家づくりについてペットとの暮らし方や住宅密集地のルール確認や飼い主に生じる責任についてまとめ

ペットとの生活

ペットと快適な生活を実現するためには、ストレスが溜まらないよう環境整備や安全対策、習性への対応、近隣住民との関わり方など、配慮すべきことが増えます。

それらは土地選びや住宅仕様だけで対処できることは少なく、ペットに興味があるというだけで迎え入れるのは困難を伴います。

千葉県内で土地選びをして、ペットにやさしい注文住宅を新築するにあたってのポイントを知ることは重要です。

ここでは、前述の配慮すべきことについて、少し詳しく解説します。

環境を整備する

ペットは新しい環境に対応するのに、人間よりも時間がかかるとされており、新生活がスタートした時点では落ち着かない行動を取る可能性があります。

こうした状況が長く続くと、ペットにとってはストレスの原因となってしまうことから、ペットが安心して暮せる環境を整備することが重要です。

たとえば専用のスペースを用意して、遊び道具を近くに置いてあげることで、ペットは安心することができます。

落ち着くまでは、コミュニケーションの頻度を高めて、徐々にペット自身が慣れていくように接したいところです。

環境が変われば人間もペットも、多少の戸惑いがでますから、新生活では特に気遣いが必要であるといえます。

安全対策

新生活に慣れない間は、ペットもストレスを感じやすく、普段は起こりそうにない誤嚥や外への急な飛び出し行為などがあります。

このような突発的なトラブルは、しつけでどうにかなるものではなく、人間のサポートが必要です。

もちろん共生するためのしつけは重要ですが、ペットによっては、新しい環境がきっかけで、これまで覚えていたルールや習慣がゼロになることもあります。

このような時は、事故が発生する確率が上がるため、最初の内は普段以上の安全対策を取ることが求められます。

習性への対応

ペットの定番と言えば犬や猫ですが、最近は爬虫類も人気であることから、習性に対する情報収集は欠かせません。

例えば、小物やカラフルな花瓶などは犬や猫には興味を惹きやすく、さらに触れる、噛むといったことで面白さを感じてしまうと、その行為を繰り返す習性があります。

ただし習性については、ペットの種類や個体差(性格)で違いもあることから、個体に合わせた対応が重要です。

近隣住民との関わり

鳴き声や散歩時の排泄などは、しつけである程度は抑制が可能ですが、動物である以上、思惑通りにいかないこともあります。

ペットが飼いやすいマイホームと千葉県の土地とのセットプランを提案していますが、注文住宅の建築がスタートするタイミングで、近隣住民に挨拶を兼ねてペットを飼うことを伝えることはマナーとしてもおすすめです。

もしも隣人が動物を苦手とする場合は、無理に引き合わせる、つまり好きになってもらおうとはせずに、少しずつ距離を縮めていく努力が求められます。

また、不安を感じさせないよう、予防接種の状況やトラブル時の対応についても機会をみて伝えておくと、不協和音は生じにくくなります。

普段からコミュニケーションを取っていれば、次第にペットに対する不安も取り除かれていくことも多いものです。

ペットとの生活や環境の整備や安全対策や習性への対応や近隣住民との関わりについて解説

ハウスメーカー選び

近隣住民への配慮やペットの習性を知るといった、飼い主になるためにやるべきことは多いですが、ハウスメーカー選びも重要なポイントです。

ハウスメーカーの担当者が、今、ペットを飼っている、飼ったことがあるという経験があると、相談しやすいというメリットはあります。

ペット好きな建築主の新築事例などがあると、仕様を決める際にも参考にもなります。

ペットに詳しい

実際にペットと暮らす上で、そのノウハウを提供してくれるハウスメーカーはおすすめです。

たとえば胴の長いダックスフントを飼う場合、コーティングされた床だと転倒し腰を悪くすることがあります。

このような情報は、ペットに詳しくなければ出てきません。

もしペットに詳しい営業担当者に相談したい場合は、「愛犬家住宅コーディネーター」の有資格者などで探してみることも方法のひとつです。

この資格は、犬や猫の特性を熟知した上で、具体的なプランニングができる資格となっています。

資格の有無はあくまでも一例であり、ペットを飼うことを前提にした住宅の建築実績が豊富であれば、心配することはありません。

ペット対応の実績がある

ハウスメーカーがペットに適した住宅の建築事例があると、話はスムーズに進む可能性は高いです。

ネット検索するならば、「建築 事例 ペット」といったキーワードで検索し、最寄りのハウスメーカーが該当するかチェックできます。

大手のハウスメーカーなら、ペット対応の間取りや仕様などの図面が、あらかじめ用意されていることもあります。

プロならではの工夫を知りたい場合は、ペット対応の建築実績を重視するとよいです。

ペットと暮らす住宅建設のためのハウスメーカー選びはペットに詳しいことやペット対応の実績があることなどがポイント

まとめ

ペットと一緒に暮らす前提で注文住宅を新築する場合、エリアと周辺環境は非常に重要です。

地域によってはペットの飼育に制限を設けていることもあり、土地選びの範囲が狭くなる可能性もあります。

ただし、ペット対応の事例があるハウスメーカーであれば、担当者もペットとの生活に詳しいことも多く、何かと相談しやすく情報も得やすくなります。

まずは、ペットの適性飼養ガイドラインに目を通して、土地探しとハウスメーカー選びとステップを踏むことが大切です。

千葉県内でペットも過ごしやすい土地探しなら、リブワークのe土地netにお任せください。

また、千葉県でペットとともに過ごす注文住宅を希望される方で、土地情報をお求めの方は、リブワークにぜひご相談ください。

今すぐ非公開の土地を見たいなら!「無料会員登録」

現在14,443件ご紹介可能!

売主様のご要望で一般には公開していない
「非公開の土地情報」を会員様だけに限定公開しています。

今すぐ無料会員登録